FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月18日 (日) | Edit |
wikiより
母親の乳房に見立てて吸い付く
幼いうちに母猫と引き離された場合など、毛布や飼い主の唇を母猫の乳房に見立てて吸い付くことがある。両前足を周囲を揉むように動かす。うっとりとした表情をし、放っておくと30分くらい続ける場合もある。その動きから、日本語では「フミフミ」「チュパチュパ」等、英語では「ウールサッキング」などとも呼ばれる。


この行動をこてつが頻繁にするのです。
しかもお父ちゃんの腕を使って。(-_-;)
隙があれば手に噛み付いてずっとフミフミ…と。
お父ちゃんが起きている時にすると払いのけられるので寝込みを狙ってやっています。

まずはお父ちゃんの背中に乗る。(または一緒に寝る。)

動かないのを確認したらお父ちゃんの手に噛み付く。

ずっとフミフミ。


滅多にお父ちゃんにはゴロゴロ言わないのですがその時だけ激しく喉をならしてます。

お父ちゃんもさすがにこの行為には迷惑しているらしく困ってます。
長袖のシャツの袖口がボロボロになったり(なぜか半そでの時にはしない)、夜中にするので眠れないと。

たしかにこてつは二ヶ月でこの家に来たので寂しいのかもしれません。
去勢も早かったですし…
体は大きいですが心は子どもかもしれません。(-_-;)

ちなみに「ゴロゴロしながら手を交互にグーパーする」は自分にしかしません。
ちょっとそれがうれしかったり。(^^ゞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。